病院長の皆さまへトップマネジメント研修のご案内すべての医療機関が直面する医師の働き方改革!

病院長の皆さまへトップマネジメント研修のご案内すべての医療機関が直面する医師の働き方改革!
働き方改革の推進や医療の質向上のため、医師・看護師等の医療専門職から看護補助者や医師事務作業補助者のような医療専門職支援人材(以下、支援人材)へのタスク・シフティングが重要とされています。
本セミナーでは支援人材の確保・定着に向けた取り組みやその背景について実際の事例を交えながらご紹介いたします。
本セミナーにご参加いただき、支援人材の確保・定着に成功している医療機関の実際の取り組みや、管理者としての支援人材に対する考え方を知ることで、自院での今 後の取り組みをより効果的なものとし、支援人材の定着に繋げていただければと存じます。

昨年度ご好評いただいたこともあり、
今年度は2回開催を予定しています。
皆さま是非ご参加ください。

0UTLINE
開催概要
日時 2022年11月14日(月)13:30~15:15(予定)
会場 オンライン(Zoom)
対象 病院長、事務長、看護部長、看護補助者・医師事務作業補助者の部門責任者、医療機関の採用責任者・担当者、医療機関の人事責任者・担当者 等
定員 250名程度(先着順)
参加費 無料
申込締切 2022年11月10日(木) 12:00
<開催にあたって>

COVID-19の感染拡大防止の観点から、全てオンライン開催とさせていただきます(Zoomを使用)。
 ご自身のパソコンやスマートフォンからも参加することが可能です。

Zoomが使用できない場合は、メールにて事務局へお問い合わせください。
SEMINAR
お申込み
令和4年度 第1回
医療専門職支援人材活用セミナー
  • 20221114日(月)
    13:30~15:15(予定)
PROGRAM
プログラム
『医療機関勤務環境評価センター』が評価するタスクシフト/シェア業務について15分

2022年10月から初回申請が始まる「医療機関勤務環境評価センター」による評価において、タスクシフト/シェア業務に関わる評価項目の解説と対応策を考える。

講師:医療専門職支援人材確保・定着支援事業 企画検討委員会委員長 小林 利彦 様

理念経営と人材育成 ~共に育つ支援人材の活躍がキーワード~25分

全職員からのボトムアップ形式で、現場意見を反映した経営方針を掲げるなど、多職種が協業する風土を備えた理念経営に重きを置いている。職種を越えた部門横断的な人材育成センターを設置し、人材を地域に輩出するなど、各種の取り組みについて紹介する。

講師:公益財団法人操風会 岡山旭東病院 総院長 土井 章弘 様

看護補助者の確保・定着に向けた業務細分化・明確化の取り組み20分

看護補助者の業務を細分化・明確化し看護部が直接採用することにより、多様な雇用形態を実現し人材確保・定着につなげた取り組みを紹介する。

講師:富山県立中央病院 副院長・看護部長  岡本 里美 様

医師事務作業補助者の確保・定着に関する取り組みについて20分

医師事務作業補助者が安心して長く働くことができるために行った処遇改善や体制整備に関する取り組みについて紹介する。

講師:佐世保市総合医療センター 経営企画課長補佐兼医療秘書係長 坂田 紀宏 様

登壇者による質疑応答20分
FAQ
よくあるご質問
Q
申し込み期限について
A

開催日の2営業日前の12:00になりましたら、自動的に受付は終了いたします。なお、受付が終了している場合においてもご参加いただくことが可能な場合もございます。受付終了後に参加を希望される方は、事務局までお問い合わせください。

Q
参加者について
A

本研修会は病院長、事務長、看護部長、看護補助者・医師事務作業補助者の部門責任者、医療機関の採用責任者・担当者、医療機関の人事責任者・担当者の方などを対象としております。
当日はZOOMの表示名に医療機関名および役職と氏名を設定の上、ご参加ください。

Q
参加環境について
A

PC等1台の環境で複数名が一緒に視聴されることも可能です。その場合はお手数ですが、申込時に参加予定者のお名前と役職を全員分ご記入ください。

Q
質問への回答について
A

事前に参加者の皆様から質問を受け付けており、可能な限り質疑応答の時間にお答えする予定ですが、全ての質問にはお答えできない可能性がございます。予めご了承下さい。

CONTACT
お問い合わせ
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
厚生労働省委託事業実施機関
「医療専門職支援人材活用セミナー」 事務局
担当:横地、山﨑
Mail:jinzai_seminar@tohmatsu.co.jp​